一括完済と一部増額返済について

返済方法

借入額の残高を一括で支払う返済方法のことを一括完済といいます。 一方、毎月の返済の支払額よりも増額して支払う返済方法のことを一部増額返済といい、これにより、借り入れ金の残高を早く減らし返済金利を少なくできます。

一部増額返済には、返済期間を短縮するための繰り上げ返済と返済額の軽減を行うための繰り上げ返済の2種類があります。 返済期間を短縮するための繰り上げ返済は、完済を早めることを可能にしますので、返済利息を軽減できます。

返済額の軽減を行うための繰り上げ返済は、返済期間は変わりませんが、毎月の返済額が軽減されていくことで、返済利息も低くなります。 しかし、返済期間を短縮するための繰り上げ返済ほど、返済利息の軽減化は、望めません。

残高スライド方式とリボルビング方式

借り入れ金の残高金額域に応じて、毎月の返済額が変わる返済方法のことを残高スライド方式といい、あらかじめ、残高金額域ごとに、毎月の返済額が決められています。

毎月の返済負担は少ない分、返済期間は長期に渡りますので、おのずと返済利息分の支払額も増大してしまいます。 一方、毎月の返済額をあらかじめ決めてから、借入額の返済回数が決定する返済方法をリボルビング方式といい、借入額と返済回数によって、毎月の支払額が決定する分割払いとは異なります。

返済利息額が非常に不透明でわかりづらいので、返済回数が多いと膨大な返済利息額を支払うことになりますので注意が必要です。 残高スライド方式もリボルビング方式に含まれる返済方法です。

元金均等方式と元利金等方式

返済額の元金部分を均等分割して出された額に返済利息が合算された額を毎月返済していく方法を元金均等方式といいます。 これは、返済額の元金の減少に応じて返済利息額も減少していきますので、支払えば支払うほど、返済額が減少していき支払が楽になっていきます。

元利金等方式よりも返済総額が少なくてすみます。 一方、返済額の元金部分と返済利息の合計額を完済まで一定の均等額で返済していく方法を元利金等方式といいます。

これは、毎月一定の返済額の支払いの為、家計のやりくりなど行いやすいのですが、元金均等方式よりも元金の減りが遅いので、返済総額もその分、かさみます。

No.1プロミスカードローン当日振込可!30日間無利息サービスも!

プロミスカードローン

下限金利が高め、上限金利が割安なプロミスカードローンは少額の融資を必要に応じていつでも受けたい方におすすめです。

金利 借入上限 特記事項 評価
4.5%~17.8% 500万円 当日振込可
30日間無利息
★★★★★

No.2ダイレクトワン するが銀行 即日審査、即日融資可、電話一本借入れサービス!

ダイレクトワン するが銀行

全国対応でかつ提携先コンビニATM、各種銀行も大変多く、サービスの利用環境は非常に整っています。

金利 借入上限 特記事項 評価
4.9%~20.0% 300万円 全国対応
即日融資
★★★★★

No.3オリックス銀行カードローン低金利、金利3.0%~!!

オリックス銀行カードローン

数あるカードローンの中でも、人気が高く、口コミサイトやランキングサイト等でも「オススメ」として取り上げられることの多いカードローンです。

金利 借入上限 特記事項 評価
3.0%~17.8% 800万円   ★★★★
xxx