返済利息を定期的に見直す

ローン返済

カードローンの返済において、返済利息を定期的に見直すように心がけるとよいでしょう。 最近は、どこのカードローン・サービスも返済利息の低さを競い合っていますので、借り入れを行った会社よりも低い返済利息のカードローン・サービスがあるようでしたら、必要に応じて、借り換えを行って、月々の返済額の負担を減らすことも賢い選択肢の1つとなることでしょう。

特に、複数のカードローン・サービスの返済を行っている方は、低金利のカードローン・サービスで借り換えを行い、両方のカードローン・サービスの返済残高を完済し、返済先を1本化することで、最終的には、完済額の面においてもメリットを得ることができます。

リボルビング方式の返済方法には要注意

カードローンの返済方法は、カードローン・サービスを提供する会社によって異なりますので、カードローン・サービスを利用する前には、返済の支払い方式にも十分な注意を払って検討する必要があります。

利用しているカードローン・サービスの返済利息が、いくら低い利息ものであったとしても、リボルビング方式を含む返済方法に限定されている場合、最終的に完済した際の額が、借入額に比べて、かなり膨らんでしまっていることが少なくありません。 また、リボルビング方式を含む返済方法は、毎月の返済額が一定になるので、月々の家計のやりくりは行いやすいのですが、実際に、毎月返済されている額がいくらなのかは、非常に不透明で、返済回数が多ければ多くなるほど、多くの返済利息を不透明な中で支払っていますので、最終的に完済した際の額は、借入額に比べて、とんでもなく膨らんでしまっていることが殆どですので、大きな注意が必要です。

返済回数をできるだけ減らせるように努力を

返済回数が多ければ多いほど、支払い方式にかかわらず、返済利息の支払額も増大します。 特にリボルビング方式が含まれた返済方式は、返済回数の増大で、かなりの返済利息が膨らみますので、注意が必要です。

借り入れ前に、返済の支払い方式に気をつけながら、できるだけ低い返済利息のカードローン・サービスを比較しながら、返済額のシミュレーションを行った上で、選択して利用するとよいでしょう。 返済方式にもよりますが、返済時には、できるだけ繰り上げ返済を可能な限り行うようにして、返済する元金を可能な限り早く減らしていくようにすると、たいていの返済方式は、利息分も緩和されていきますので、最終的な完済額の軽減にもつながります。

No.1プロミスカードローン当日振込可!30日間無利息サービスも!

プロミスカードローン

下限金利が高め、上限金利が割安なプロミスカードローンは少額の融資を必要に応じていつでも受けたい方におすすめです。

金利 借入上限 特記事項 評価
4.5%~17.8% 500万円 当日振込可
30日間無利息
★★★★★

No.2ダイレクトワン するが銀行 即日審査、即日融資可、電話一本借入れサービス!

ダイレクトワン するが銀行

全国対応でかつ提携先コンビニATM、各種銀行も大変多く、サービスの利用環境は非常に整っています。

金利 借入上限 特記事項 評価
4.9%~20.0% 300万円 全国対応
即日融資
★★★★★

No.3オリックス銀行カードローン低金利、金利3.0%~!!

オリックス銀行カードローン

数あるカードローンの中でも、人気が高く、口コミサイトやランキングサイト等でも「オススメ」として取り上げられることの多いカードローンです。

金利 借入上限 特記事項 評価
3.0%~17.8% 800万円   ★★★★
xxx